FC2ブログ

消える動き

人間の動きは消えない。
迫りくる剣や拳足の動きが消えるわけがない。
さっきまであったものが急に消えることでかえって感づかれるということもある。
消えるはずのないものを消すために、消してはいけないものを消さないことを考える。


古武道萬葉塾HP
スポンサーサイト



やり過ぎる

初心の内は動作は大きく、くっきりはっきり。
目的をしっかりと意識して、明確に身体を遣う。

だけど上達するにつれ、これまで固まっていたあちこちが少しずつ巧く遣えるようになり、気張らなくても心身が最良の方向を探るようになってくる。
そうなってきたら、今度は身体の動きを、やろうという意識を、控えていかなくてはいけない。
自身の成長を見積もりに含めず、いつまでも初心の時と同じように外形の動きに頼っていたら、単純な足し算として出てくる結果はやり過ぎになる。

心身の状態が変わっていけば、ベストを出すために必要なものも刻々と変わっていく。
上達の秘訣は、昨日の自分と同じ水準で稽古ができると思わないこと。


古武道萬葉塾HP

納刀

納刀

抜き放った刀を再び鞘に納める動作を『納刀(のうとう)』と呼ぶ。

型稽古を実戦の模擬としてのみ捉えるなら、納刀に心を配る意義は薄い。
相手をすでに斬り伏せているなら隙のない所作を心掛ける必要はないし、そもそも人を斬った刃を拭いもせずに鞘に戻すわけにはいかない。

それでも納刀は、抜刀と同じだけの丹念さをもって行なわれなければならない。
抜くも納めるも違いはなく、ともに同じく心身の遣い方を精錬してゆく稽古の過程だからだ。
もしも丁寧な抜刀を千回行ない、その間雑な納刀を千回繰り返していたとしたら、稽古を終える頃にはその人の技量は始める前より落ちているだろう。
かつて、同門の稽古者でせっかく身につけた技を錆びさせてしまった人を目の当たりにしたことがあるが、やはり居合稽古の際の抜刀に比べてあまりに無頓着な納刀が気にかかった。
日頃どれだけ細部にまで神経を行き届かせて鍛錬しているか、稽古に向き合うその人の姿勢がこういう所に現れる。

納刀の乱れは心の乱れ。


古武道萬葉塾HP

三戦(サンチン)…?

三戦

昨晩柔術の研究中に、稽古相手の助言からふと思い至って古伝空手の立ち方、三戦を取り入れてみた。
とはいえ空手はほんの少し齧った程度、本職の方にはそりゃなんだと叱られてしまうような代物だろうが、あれこれ試みるうちに剣に通じるヒントは大いに拾い得た。

下半身を肚から閉じる感覚。
力を抜き切った脚部から相手の中心へと線を定める意識。
緩みの中にいかに締めを合わせ持たせ、斬りに身体を入れてゆけるか。
三戦からの学びは剣で言うところの正眼に酷似している。

…しかしまあ、改めて見ると全然三戦に見えないな、これ。
古武道への応用ということでご容赦頂きたい。


古武道萬葉塾HP

第35回武蔵野市民会館文化祭



いつも稽古場としてお借りしている武蔵野市民会館の文化祭にて、萬葉塾として初めての演武を行ないました。
ともに運営に参加した他団体や職員の皆様、どうもありがとうございました。
客席からは処々で驚嘆の声が漏れ、理合と迫力のある良い演武であったと思います。

失敗した、と思っている会員もご心配なく。
小綺麗に型をこなして見せるよりも、不測の失敗にどう即応するかこそが武術ですので。


古武道萬葉塾HP

揮毫


logo


↑萬葉塾のこの題字、誰かに書いてもらったんですか? って会員にも言われたんですが、はい、僕が自分で書きました。

団体発足に際して、ずっと使っていく名前は自分で、とは思ってたけど、色んなフォントを参考にしながらだいたいこんな感じかなーと何の気なしに落書きしたのがこの一筆。
下書きのつもりだったけど、思いのほか出来が良かったので採用しました。

さあ書こう、と気負っていたなら絶対に出せなかった流れと勢いがあって、気に入ってます。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2019.09.18

haranuki01

仕事終わりに顔を出し、ほんの10分ばかりの自主稽古。
僅かずつの積み重ねで、いきなり渡された二尺七寸の長尺刀をさらりと抜いてのけるくらいになった。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2019.09.11  長物稽古

今日は一番広い集会室だったので、趣向を変えて普段はやらない六尺棒と薙刀の稽古とする。
初めて触れる長物で少し遊んでみよう程度のレベルだけれど、全てに共通するおおもとの基礎に何となく気づいてくれればよし。


…とはいえ、薙刀歴一時間半でこれだけ扱えればかなり優秀だなあ。

naginata01


古武道萬葉塾HP

受ける

uke01

萬葉塾の基準においては、相手が出力した以外の力をつけ加えてしまったら、それは基本的には悪い受けになる。

力んで固める、自分から転がる、身体を捩って逃がす、禁忌とされる行動は多々あれどどれも根は同じ、相手が与えてくる力に余計なものを添加しない、というその一点に尽きる。
ただただ、掛け手の力の鏡になる。

受けは技術ではなく、柔らかな心身の状態そのもの。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2019.08.31

稽古日誌20190831

夏季昇級試験が無事終了。
講評と免状、週明けからお渡しします。


古武道萬葉塾HP
プロフィール

ピンクさむらい

Author:ピンクさむらい
東京都武蔵野市にて、古武道萬葉塾を主宰。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR