fc2ブログ

多元的な稽古

多元的な稽古

独り稽古で身体操作を練る時は、内に籠らず確かに相手を想定するべし。
翻って組稽古では、面と向かった相手からも型の手順からもむしろ散漫になるべし。

せっかく覚えて何千回と繰り返した型を忘れる工夫をする。
型の条件をシュレディンガー的な、多元的な局面のあくまで一つとして考え、型の中に身を置きながらなおそこから自由になる。

相矛盾する言説のようだけれど、要はその時自分が一番捉われやすいものから目を逸らしておく、ということ。


古武道萬葉塾HP
スポンサーサイト



プロフィール

ピンクさむらい

Author:ピンクさむらい
東京都武蔵野市にて、古武道萬葉塾を主宰。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR