FC2ブログ

古武道とは何か?

古武道

そもそも古武道とは……『明治維新以前の日本において発祥した各種武術の総称』、という定義になるだろうか。
それ以降に隆盛した現代武道、例えば柔道や剣道なんかと区別するために後世になって作られた、いわゆるレトロニムと言われる語だ。
エレキギターが誕生して、それまでただ『ギター』と呼ばれていた楽器が『アコースティックギター』になったのと同じである。
江戸時代のお侍さんが自分たちのやってることを『古』武道だと思っていたか?
そんなはずはない、彼らにとってはそれが現在進行形だったのだ。

しかもそこには、武芸十八般とも言われる様々な技芸が含まれる。
剣術、居合術、杖術、柔術、弓術、十手に薙刀、馬術に砲術、さらには水泳術なんかも入ったりする。
さらにそのそれぞれに千差万別の流派が存在し、〇〇流、△△流、その一つ一つがまるで違ったことを伝えているのだ。
そう考えると、古武道とはこういうもの、という共通する前提なんか存在しないことが解ってくる。

だから僕は、自分たちにとっての古武道はもっと個人的なものでいいと思っている。
伝統ある流儀を次代に受け継いでいく立場の方々にはまた別のご苦労があるのだろうが、そうした責務も古式の復刻といったことへの関心もない以上、僕は理に適った心身の遣い方を探究するために、便宜上古武道と呼ばれているそれを選んだに過ぎない。
古流の型を用いて稽古し、しかしながらその稽古法も先人とは大きく異なっている部分が多いであろうことを承知の上で、そこから読み解かれ自身の裡に染みついていくもののみに価値を置く。
曖昧な古武道の枠すら明らかに逸脱することもしばしばあるが、それが根源の理に近づく助けになるならそれもまた良し。

萬葉塾において『古武道』という概念の持つ意味合いはそんなところである。


古武道萬葉塾HP
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

体操と書いてからだのみさお

武道は元々嫌いでした→臭い、ゴツゴツ感がありスポーツと言うジャンルからは別世界。武道に入ったきっかけは精神性と介護技術の古武術介護(岡田慎一郎)がきっかけ
合気道がベースと思いますが、立てる移す移動させるのポイントがわかりやすく仕事に生かせる。が古武道と冠するにはつまみ食いでなく全体像を理解するために道場に入りました。結果、学ぶ事多く薙刀などは場所の制約多く手にする事なく、鈴木亘の
お母さんがやっている、居合の道場でかじり程度、居合そのものは「踊り」に近く(西川、藤間など?)それなりに難しいと思いますが、今のところ合気道が一番近い事なのか?と思っています。(合気道も明治頃からの歴史浅いのですが・・)
本来の目的には遠く、
プロフィール

ピンクさむらい

Author:ピンクさむらい
東京都武蔵野市にて、古武道萬葉塾を主宰。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR