FC2ブログ

受身

受身

正直言って、古武道の技法がそのままの形で日常生活に活かされることってほとんどない。
そりゃまあ、稽古で培った基本原理が暮らしの質をじんわりと高めてくれたりはするけれども、夜道で突然大上段に打ち込んできた不審者を剣術奥義・下段籠手で成敗する機会は一生のうちに…多分、ない。
そんな中唯一、即物的に役立つというか、現代人にとっても身につけておいて大いに有益だと思えるものがある。

受身である。

昨今では、高齢者向けの転倒予防体操として脚力強化のプログラムなんかが広く行われていて、それはそれで非常に素晴らしいことであり、みんな足腰がどんどん強健になればいいと思うのだけれど、じゃあ死ぬまでどこにも躓かず一度も転ばずに過ごしなさいって言われると、さすがにちょっと自信がない。
この先あと50年近く生きたとして、一回くらいはうっかり足を滑らせることも避けられないんじゃないかなあ。
そんな時へのもう一つの備えとして、身体を壊さずに受身を取れる技巧は持っておいて損はない、と思う。

そして面白いことに、うまく転べるようになると、逆に今度は転ばなくなる。
いざとなれば受身を取れる自信があるから、バランスを崩した時にも落ち着いて、力まず柔らかなまま対処できるようになる。
受身が身についていることで、受身を使わざるを得ない状況に自分を追い込まずに済む。
武の理想形である。

ここまで書いているうちに、実際に僕の人生の中で受身が役に立った事例を二つばかり思い出した。
続きはまた次回。


古武道萬葉塾HP
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピンクさむらい

Author:ピンクさむらい
東京都武蔵野市にて、古武道萬葉塾を主宰。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR