FC2ブログ

基礎の稽古

兎にも角にも、基礎が重要なのは当然のこと。
でも、その取り組み方は一つではない。


右も左もわからぬ初心のうちは、信頼できる師匠がこれをやりなさいと提示してくれたもの、それこそが基礎の稽古。
懸命に、丁寧に、それをなぞってゆけばいい。

少し歩が進んだら、それがなぜ基礎とされているのかを考える。
形や手順ではなく、そこに込められた身につけるべきもの、どうしてそれが必要なのか、大切なのか、に気づく努力をする。

やがてより高度な課題に向き合ったときには、しっかりと培ってきた基礎は自分を測る鑑になる。
うまく結果が出せないのは、一見した複雑さに気を取られ、自分が基礎に反した動きをしているからかもしれない。
基礎を頼りに応用を探り、そしてまた基礎を見つめ直す。


いずれも同じ、基礎を大切にするということ。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2018.12.25  稽古納め

イルミネーション

本年の締めくくりは和室にて、道具を用いず柔術のみの稽古。
技のやり方云々よりも、これらの稽古をどう捉え、何のためにやるのか、に主眼を置く。

僕らの柔術は剣を高めるための修練としての役割9割、あとは個々の相手への対応が1割というところ。
小手返ひとつ取っても、相手を手首関節から制するための技法と捉えるか、あるいは剣術の受け、そのものを象っている訓練だと考えるか。
型稽古は向き合い方次第でいくらでも意味が変わる。
新年もまた、こういった根幹の部分を曲げずに稽古に励みたい。


古武道萬葉塾HP

考えて稽古する

稽古中はとにかく考えること、頭を使うこと。

今は何の稽古をする時間なのか、そこから何が得られるのか。
指導者は何を伝えたいのか、気づかせたいのか。
型の目的と手段は何か、今の自分に足りない技術は何か、周りの人間はどうやろうとしているのか。

とにかくいろんなことを考えて、ただ何となく、漫然とした動作を一太刀たりともしないように努める。
考えてみてもわからないからといって、ええいと投げやりな真似をしないこと。
それは稽古相手に対して失礼だし、危険も伴う。

かといって、考えすぎて立ち止まってしまうのもまた違う。
創意工夫は大切だけれど、こんがらがって雑念にまでなってしまうのもまた悪い。
しっかり考えること、でも考えすぎないこと、そのバランスの取り方も含めてまた稽古の姿勢を考えること。

『稽』の字は、かんがえる、と読む。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2018.11.03  見取る

この日の居合の稽古では、あえて新人に型の手順を示さず、先輩の動きを見様見真似で追ってもらった。
当然始めはまるで見当違いなのだけれど、5分も続けるうちにそれなりに体裁が整い、次第に求める型に近い動きが現れてくる。
細かい身体の遣い方や理合を伝えるのはその後。

他人から教わったものは忘れても、自分で見つけ出したものは忘れない。


古武道萬葉塾HP

救命講習行ってきました

救命講習

東京防災救急協会の救命講習会に参加してきた。
上級コースは一日がかりで、心肺蘇生やAED、止血や搬送法などなど。
実技多くて、なかなかに面白い。

武道をやっていれば、どんなに気をつけてもケガ人はそのうち必ず出るからね。
いざという時には備えておこう。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2018.10.16

稽古風景 2018.10.16

いつもの市民会館が文化祭で使用できないため、別会場の和室での稽古。
剣を用いず、素手の柔術のみとする。
互いに正座で向かい合ってのこの小さな稽古に、おそらく上半身と下半身、それぞれの遣い方の基本が込められている。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2018.10.13

ヘラジカ

今日の稽古はいつもと違う地下の集会室にて。
稽古場への廊下にすごいのがいる…。

先月入会したばかりの新人さんもおり、基本にしっかりと取り組む稽古。
上級者の動きにもまだまだ改善の余地がある。
当たり前のことながら、どのレベルの修行者も現状に甘んじず、自身の欠点を認め、上達し続ける稽古場にしていきたい。


古武道萬葉塾HP

歩くということ

ここ最近、自身の歩法を改めて見直している。

地を蹴らず、踏みしめず、居着かず、気取られず。
これまでも相当に考えてきたつもりだったけれど、今のレベルで省みると、まるで疎かにしていたことが山ほどあると気がついた。
ただ立って、一歩を踏み出すことから作り直し。

そうするうちに、徐々に自分の足が自由に動くようになり、それにつれ、これまで気づいていなかった他人の強張りが不思議と見えるようになってきた。
剣を打ち込む、受ける、躱す、その度に足が力んでその場に居着く。

自分よりも優れた歩法の遣い手には敵うはずもない。
いついかなる時でも自由に歩めるというのがいかに大切で難しいか。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2018.08.25

花火見物

居合稽古中に近所で花火大会が始まり、特等席でしばしの見物。
年に一度のことだし、たまにはいいか。


古武道萬葉塾HP

稽古日誌 2018.08.14

今日の参加者は2名。
柔術を多めに稽古を組み立てました。
相手を崩し、地面に転がすことを結果としておきながら、格闘技とは違うんだと嘯く。
そんな稽古にどんな意味合いを持たせて、何を得ることができるのか、僕自身の命題に付き合ってもらいました。


古武道萬葉塾HP
プロフィール

ピンクさむらい

Author:ピンクさむらい
東京都武蔵野市にて、古武道萬葉塾を主宰。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR